矯正歯科

歯並びや上下の歯の咬み合わせが悪い状態を不正咬合といいます。
不正咬合があると口もとの表情に悪い影響をおよぼすだけでなく、食物が十分にかめなかったり、歯の清掃がしにくく、虫歯や歯ぐきの病気にかかりやすくなります。
矯正治療は、いろいろな矯正装置を用いて、このような不正咬合を正しい歯並び、咬み合わせにして、口もとの健康、表情を回復しようとする治療です。


治療時期および期間

基本的には歯科矯正治療に年齢的な制限はありません。しかしながら、身体の活性が高い成長期が矯正治療に一番適した時期といえます。さらに、不正咬合の種類によって乳歯の時から治療を開始した方が良い場合もあり、永久歯がはえそろってから治療した方が良い場合もあります。
通院は一般に1カ月に1回で本格的な治療期間は平均して2~3年は必要です。
治療開始時期および治療期間は、不正咬合の種類で異なりますので適正な診療を受けて最も良い時期に治療を始めることが大切です。


矯正装置

矯正治療では治療の目的、年齢に応じていろいろな矯正装置(取り外しができるもの、取り外しができないもの、口の中に入れるもの、口の外に出るもの)を使い分けます。
日常生活に支障があるほどではありませんが、装置を入れて数日は多少の違和感を感じることがあります。
しかし、1週間もたつと慣れてきて違和感を感じなくなり、気にならなくなるので心配はいりません。


治療開始にあたって

矯正治療では治療を始める前に患者さん本人および家族のかたについて、いろいろな調査を行います。歯の型をとったり顎のレントゲン写真、顔の写真などの資料を取り詳細に検査して診断および治療計画をたてたのち治療を開始します。
矯正治療はむし歯の治療などの一般歯科治療と違って期間が長くかかり、その治療中は月に1~2度の割で来院していただかなければなりません。当院の指示に従って根気よく通院しないと良い結果を生むことができません。だから治療途中で中断することがないように通院して下さい。


よい歯並びになるまで

 

矯正相談
矯正初回検査
治療計画の説明
治療開始
治療終了・保守
メンテナンス